UNITED&COLLECTIVE

代表・坂井のフードビジネスへの想いに共感

ITO MASASHI 伊東 雅史 スーパーバイザー
2008年4月ユナイテッド&コレクティブに入社。スタッフ職からスタートし、てけてけ西新宿店・御茶ノ水店・目黒店の3店舗の店長を経て、現在7店舗を管理統括するSV(スーパーバイザー)として活躍している。

Interview 社員インタビュー

代表・坂井のフードビジネスへの想いに共感

以前は自動車メーカーで働いていたのですが、もともと飲食に興味を持っていたこともあり、この業界に転職することにしました。いくつかの企業を見ていくなかで出会ったのがユナイテッド&コレクティブ。代表の坂井自らが採用を行っており、面接前に直接メールのやり取りをして真摯な人だという印象を受けました。面接で実際に会ったときには、会社の将来のビジョンについても語ってくれ、熱い想いを感じることができましたね。その場では坂井自身の経歴なども詳しく聞かせてもらったのですが、最終的にその人柄に魅かれる部分もあって、この会社で働いていくことを決めました。

店舗と本部のパイプ役としてコミュニケーション力を発揮

現在はSVとして7店舗を統括管理しています。SVは各店舗の運営を改善して売上につなげていくことが大きなミッションです。そのためには店舗スタッフに気持ち良く働いてもらうことが重要なので、本部と店舗のパイプ役となり、現場のフォローや教育などを行っています。総勢70~80名の人員をマネジメントしていく上で大切なのは、やはりコミュニケーション。そのため、毎日2~3店舗を回り、実際に店舗業務に入って関係性を築いていっています。よく一緒に飲みに行ったりもしているのですが、仲間たちと成長していけるところが、この仕事の楽しみです。

数多くの人との出会いが仕事の喜びに

心がけているのは、スタッフにユナイテッド&コレクティブの魅力を知ってもらうことです。スタッフには全員にてけてけの料理を食べてもらっているのですが、ISPの価値が実感できれば仕事の意義も理解してもらえるのではないかと考えています。私自身の目標はというと、以前は起業を目指していたこともあったのですが、最近ではこの会社で長く働いていきたいと思うようになってきました。というのも、出店数の増加に伴って、次々と新しい人たちに出会えることが楽しくなってきたからです。今後はSVとしてもっと成長し、より多くの店舗のスタッフたちと出会っていきたいと考えています。

休日の過ごし方

休みの日は、管轄している店舗の社員やアルバイトスタッフから誘ってもらい、飲みに行ったりしています。最近は健康のことも気になりはじめてきたので、身体を動かすためにゴルフとフットサルをはじめました。土日はもっぱら友人たちとフットサルで汗を流し、平日が休みのときなどにゴルフに出かけています。ユナイテッド&コレクティブでは店舗スタッフも含めて、しっかり休日を取得できるので、プライベートも充実させていけるところが良いですね。