UNITED&COLLECTIVE

会社の成長に伴い、ポジションも増加中

KABUKI TSUBASA 蕪木 翼 財務
2013年大学卒業後、新卒2期生としてユナイテッド&コレクティブに入社し、てけてけ青物横丁店に配属。その後1年は現場勤務を行い入社2年目に本部の財務経理部に配属。会社の資金管理に携わっている。

Interview 社員インタビュー

会社の成長に伴い、ポジションも増加中

私が就職活動をするにあたって絞った業種はフードサービスを筆頭に、コンサルタントや人材紹介、介護などでした。ユナイテッド&コレクティブを選んだのは、体制が固まりきっていない若い企業だったことが大きな理由です。しかも、創業以来、増収を継続していて新規出店の計画も多数あるなど、とにかく勢いを感じました。実際、本部体制の整備もどんどん進んでいるため、チャンスも豊富。私自身、昨年5月からは本部で財務チームの仕事を任せてもらっています。

経営の方向性を左右する管理部門の仕事

現在の仕事は、店舗の入出金の管理や月ごとの財務諸表の作成、年次決算などです。もともと経理に関する知識はまったくなかったのですが、本を読んで簿記の勉強をしたり周囲の先輩たちに教わったりしながら知識を身に付け、少しずつ業務の幅を広げていっているところです。財務チームの仕事は経営判断にも関わってくるため、責任は重大。そのため、仕事では会社の状況を正確な数字で表現していくよう気を付けています。逆に言えば、会社の方向性を決定付けるための肝になる仕事でもあるので、経営の裏側を学べる貴重なポジションでもあると感じています。

貴重な経験を通じて財務のプロフェッショナルへ

私の目下の課題は、専門知識の不足を克服していくことです。チームの作業スピードの効率化につなげるためにも、少なくとも月次レベルの作業は一人で全て出来るようになりたいですね。なんといっても、この会社で働く魅力はどんどん成長していける点にあると思います。上場の予定もあるため、その準備も含めて貴重な経験を積んでいけますし、さらに将来的には海外展開も控えているので、世界で通用するような会計スキルを磨いていくことも可能です。次々と魅力的な成長ステージが待ち受けているので、私も財務のプロフェッショナルとして成長していきたいと思います。

休日の過ごし方

私はどちらかというとインドア派なので、休みの日はだいたい家で本を読んで過ごしています。読むジャンルとしては新書が多いですね。学生時代に社会学を勉強していたので、その辺りの本は今でもよく読みます。あとはサッカー観戦が趣味なので、試合がある日はスタジアムへ観戦に出かけることもありますね。休日にしっかり自分の時間が取れるので、生活にもメリハリが出て、仕事にも集中して取り組むことができます。