UNITED&COLLECTIVE

ISPという芯の通ったフードサービス

WATARI YOHEI 亘 洋平 店長
2014年大学卒業後、新卒3期生としてユナイテッド&コレクティブに入社し、the 3rd Burgerアークヒルズサウスタワー店に配属。店長の下、店舗マネジメントを学び、入社2年目で同店の店長に就任。

Interview 社員インタビュー

ISPという芯の通ったフードサービス

学生時代は居酒屋などの飲食店でアルバイトをしていました。そこで仲間と協力して働く面白さを知り、就職にあたってフードサービスを志望したのです。ユナイテッド&コレクティブを意識したのは、説明会で代表である坂井の経営理念を聞いたことがきっかけです。一人ひとりを尊重しながらチームとしての一体感を重視する姿勢に共感しました。また、説明会の後、実際に「てけてけ」と「the 3rd Burger」に料理を食べに行ったのですが、そこでISPという芯の通ったビジネスモデルを実感。この素晴らしいビジネスモデルを実践する仕事ならば、大きなやりがいを感じられるに違いないと確信しました。

仲間と協力し、支え合う社風

入社後は「the 3rd Burger」に配属され、先輩店長のもとで業務を少しずつ教わりました。2年目の11月からは、今度は同じ店舗で私自身が店長を任されることになりました。正直なところ、最初は「できるだろう」とたかをくくっていたのですが、実際店長になってみると、これが結構大変。そんなときに支えてくれたのが周囲のスタッフたちです。「一人で抱え込み過ぎ! もっと私たちに頼って」と声をかけてもらい、おかげで随分楽になれました。そのような温かい人のつながりもこの会社の魅力。仲間と一緒に成長していける環境が仕事へのモチベーションになっています。

店舗の価値を高め、魅力を多くの人に伝えていきたい

働いていて嬉しいのは、やはりお客さんから良い反響を得られるときです。店の前を通る人が「ここのハンバーガー、おいしいんだよ」と話しているのが聴こえたり、顔見知りの常連さんが増えてきたりすると喜びを実感します。ISPのビジネスモデルを貫徹し、接客も調理も妥協しないことがクチコミにつながっていくと思うので、そこは常に意識して取り組んでいきたいですね。将来の目標は「the 3rd Burger」の複数店を統括するスーパーバイザーになること。この魅力的な業態を全国に、そして世界に広げていけるよう、今後さらに経験を積み、より高いレベルでお客さんのニーズに応えられる店舗づくりをしていきたいと思います。

休日の過ごし方

最近、スキューバダイビングのライセンスを取るためにスクールに通いはじめました。そのため、休日はもっぱらスクールで潜る練習をしています。よく「飲食業は休みが取れない」という話を耳にしますが、ユナイテッド&コレクティブに限ってみればそのようなことはありません。店舗に複数の社員がいるのでシフト調整で月8日はしっかりと休みが取れます。長期の休みも取りやすいため、近いうちにスキューバをしにハワイなんかに行ってみたいですね。